kiee piano blog

40代ピアノ愛好家の自作曲紹介、音楽ネタ。それ以外も。

ピアノレッスン。ネクストソングはこれですよ♪

発表会が終わってから今日が初めてのレッスン。

今のところ、弾いてみたい曲は

ドビュッシー 月の光
リスト 愛の夢

なんですが、ドビュッシーアラベスクをやったばかりだし、リストも難解な部分があるので、
後々に取っておくことにして、
和音の重なりも多くなく、メロディーも激しく動き続けない曲を探しに、昨日、楽器店へ行きました。

楽器店と言っても、大手音楽教室の入り口付近の棚に楽譜が並べてある位の規模です。
たまにしか行かないけれど、私のようなみためだと
誰かの母ちゃんきたか?と思われそうなので、
わざわざ、楽譜みせてくださーいと受付の人に
断ります。

ピアノ曲、実は多くは知らないんです。
ピアニストもよく知らない。
与えられたものをただひたすらにこなしてきた
身の上で。
だから、はてな音楽ブロガーさんの知識の多さと探求心には、ただ、ただ、脱帽です。

高校生の頃はソナタ曲集中心で、タイトルが
ついた曲はほとんど弾いたことがありません。

特に、モーツァルトを徹底して弾いていました。
彼、なんてよんでいいのかな、神にしとくか。

神、の曲は弾いてこそ、奏でてこそ、楽しさ、奥深さがわかると高校生ながら感じてました。
明るさの中に、突如現れる、病的なまでの悩ましい戦慄、もとい、旋律。所どころに、茶目っ気たっぷりの仕掛けが施されてて、びっくり玉手箱やー!!
と、叫びたくなります。

そこを、自分の頭と体を使ってトライしてこその
おもしろさがある。
鍵盤ハーモニカでもリコーダーでもいいから、
階名ふってでもいいから、やってみたら
おもしろいかもと思います。

といいながら、モーツァルトの曲を選ぶ気には
ならず、購入してきたのは…

ショパン ノクターンOp72-1

なんとなくです。
ノクターン系が良いなぁとざっくりは
思っていて、譜面をみてみたら、苦なく
できそうかもって思ったので…。

で、いい機会だからと、受付の人に、
サイレンス機能興味があって、試したいんですけど
と言って、体験しつつ、試し弾きして、
ロシアの悲恋物語みたいで素敵だわぁと
(突っ込み所ですよ!)購入を決めたのでした。

そして、前々から気になっていた、ピシュナ練習曲集もしっかり、目と指で確かめて、購入しました。

どちらも、始めたばかりで、
特にお伝えすることはないけれど、ぼちぼち
取りかかる時間を作るために、今日もいそいそと
ルーティーンをこなすのです\(^o^)/