akiee piano blog

40代ピアノ愛好家の自作曲紹介、音楽ネタ。それ以外も。

粋なお爺ちゃんとカモメの水兵さん

唐突ですが、お爺ちゃんの話です。

粋な人でした。ブルージーンズに赤チェックの
ネルシャツが定番スタイルで、出掛ける時には
必ずハンチング帽を被り、真っ赤な二人のりミニクーパーに乗り込む。

朝食はフランスパンと年季の入ったコンロ式
コーヒーメーカーでじっくり落としたコーヒーと
決まっていて、甘党のお爺ちゃんはたっぷり
砂糖とミルクを入れて、美味しそうに飲んでいました。

鼻歌は決まって、かもめの水兵さん。
しーろい帽子、しーろいシャツ、しーろい服と
唄っているときは上機嫌の証拠。
大好きな庭のお手入れにいそしんでいました。

晩年は施設で過ごしました。100歳のお祝いを一室借りて開いた時には、繰り返し、繰り返し、ありがとうと言って涙をこぼしていました。大好きな甘口の赤ワインで顔を赤くして、料理も驚くほどいっぱい食べて。

若い頃、お抱え運転手をしていたこともあり、
車椅子の自走がまた粋でした。
小刻みに切り返し、方向転換するさまには
譲れない誇りを感じました。

そんなお爺ちゃんも、
段々と現実世界と空想世界が混濁していきました。

今朝、玄関に米俵が詰んであったんだけど、
誰が置いてったんだ?

電気屋が冷蔵庫持ってくるから家にいないと。

もうずいぶん会ってないな。こんなに大きくなったのか?可愛いなあー。

月に一度の面会が、私たちとは違う時の流れの中を
生きるお爺ちゃんには大層久方ぶりの対面だったようで、挨拶で泣き、帰り際に泣き、喜びも寂しさも
ひとしおでした。
それでも、誰か一人でも用事で来ていないと、
○○がいない、どうしたんだ?としっかりと
身内のことを覚えていました。


ある日、私はこんな夢を見ました。
私はベランダに立っていて、足元を猛スピードで
霧が流れて行きます。さらわれたらどうなるのかな?と思っていたところで、突然、ガチャン!と
大きな音がして飛び起きました。家族が湯呑み茶碗を割った音でした。
もー!ビックリさせないでよ!と時計に
目をやると間もなく深夜0時という時間でした。
奇妙な夢と重なって、印象に残りました。

翌朝、母から、祖父が亡くなったと
連絡がありました。消灯時間の9時から、
見回りの深夜2時の間のことだったそうです。

私たちはその晩、住まいから遠く離れた
海辺近くの宿に泊まっていました。
お爺ちゃん、かもめの水兵さんになって、
知らせに来たのかな?
スピリチュアルとは無縁の私ですが、
そうであってほしい、最後のメッセージで
あってほしいと今でも思っています。

f:id:akiee:20171216122156j:plain
お爺ちゃん愛用の品。形見分け。