kiee piano blog

40代ピアノ愛好家の自作曲紹介、音楽ネタ。それ以外も。

音楽鑑賞で惚れ込んだ映画

お待たせしました!?高校の音楽鑑賞の時間で惚れ込んだ映画編です。

と、言っても観たのは一本だけです。

有名な曲ばかりの、そうです、
サウンド・オブ・ミュージックです。

長い映画なのですが、時間に分けて、ノーカットで
全て見せてくれました。

見たことがないかたの為に、詳しい話は
できないけれど、1965年に上映された作品で、
トラップ一家という実在する家族がモデルになった話です。
ナチスの影が迫りつつある、オーストリア
舞台になっています。

後半は一気に時代を反映した不穏なムードに包まれていきますが、それまでは、有名な曲のオンパレード。

突然の歌と踊り、まさにミュージカルそのもの。

でも、それがすんなり受け止めてしまえたのは、
やはり、あの有名な冒頭、
ジュリーアンドリュースがアルプスの山並を背に、
高らかに唄いだす "サウンドオブミュージック"
があったから。
私の心は一気にもっていかれました。
周りも静かだったから、みんなも同じだったんじゃないかな…。

好きな曲を全てあげるとキリがないので、
絞らせてもらうと、女子高生の私が一番、
うっとりしてしまったのは、
年頃の長女とBFがうたう "もうすぐ17才"

なんといっても歌詞がわかりやすい。
アーイアムシックスティーンゴーインオンセブンティーン♪ですからね。でもって、軽やか。
でもって、お二人さんいいなぁです。
何より、長女の声が、少しハスキーで落ち着いたいい声なんですよね。

"私のお気に入り" もいい。
単語がずらずらと並んでくる遊び心がいい。それを巧みに唄いこなす素晴らしさ。
そして、Favorite という単語、これでしっかり
頭に入りました。
後年、そうだ、京都に行こうのJRのCMでは、あらゆる曲が使われましたが、中でもこの曲が一番流れていた印象です。

"ドレミの歌"はまるでPVです。
後年、ドキュメンタリーで知ったのですが、
この振り付け、ずれたままで採用されたそうで、
そのあたりチェックすると面白いかもしれません。

そして、"エーデルワイス"
これは、音楽の教科書に繰り返し登場する曲ですが、元祖を是非、聴いていただきたい。

他にも、シーンごとに、素敵な曲ばかり。

この、サントラCDも後々、購入しました。
どこで歌うわけじゃないのに、英語で歌詞を
覚えたりして…。

さらに、時を経て、DVDも購入。

更に更に、ジュリーアンドリュースが主演だからということで、メリーポピンズのDVDまで、手にいれてしまいました。

メリーポピンズは、Jr.と見ることが多かったので、吹き替えが主でした。ポピンズ役の麻生かほ里さんの歌も吹きかえも素敵ですが、山ちゃんこと山寺宏一さんが歌までお上手なのを、これで、初めて知って驚きました。
真似して、アンビリビリビリアンビリアーイとさんざん唄いました。
これをみてから、ディズニーランドに行けば、
ポピンズいる!と興奮できます。

いつのシーズンだか、浅田真央さんが、ポピンズの衣装でエキジビションを滑っていて、もう、なんたる可愛さと思いました。
こんな風に、スクリーンミュージックをふんだんに取り上げてくれるから、フィギュアが好きなんですよね。

サウンドオブミュージックの話でした。

機会があれば、是非、鑑賞してみてください。

最初に手にしたサントラ版です↓

「サウンド・オブ・ミュージック」オリジナル・サウンドトラック