kiee piano blog

40代ピアノ愛好家の自作曲紹介、音楽ネタ。それ以外も。

花束

3月9日。市内の中学校は今日が卒業式です。

小学校からほとんどメンバーが変わらない地域性なので、高校進学で初めて、それぞれの行き先が別れます。

うちの子供はまだ先輩を見送る立場です。
それでも、お天気を祈っていました。
雨があがれば、校庭で演奏をして、見送りをするそうです。
雨あしは大分、弱くなってきました…。


私も先日、職場で最後の日を迎えました。
小学校の卒業くらいの長さでした。

特に、何もしないでくださいと言ったのですが、
花束を頂きました。
淡いピンクと紫の綺麗な花束でした。
私のイメージだそうです。

そうだったんだ。
自分の心の中は、ガヤガヤしていたり、苛立っていたり、沈んでいたりしていたのに。

時に優しすぎると咎められ、それを覆そうと、
快活に、時に厳しく振る舞っていたつもりだったのに。

されど、この淡いイメージがぴったりだと、
笑顔で見送って頂いて、私はこれでいいんだと
思えました。
心の中ではそっと、赤い薔薇一輪を咲かせてはおりますが。

味気ないことを言えば、組織としては、やはり、形を整えることは必要ですよね。
私も餞別の御菓子、約100人分用意しました。
なかなかの覚悟でした。

近しい方々には、一言メッセージを添えました。
うまくまとめきれなかったけれど、感謝を伝えたつもりです。

理不尽なこともたくさんあったし、失敗もたくさんあって、もう、嫌だ!無理だ!って思ったのに、
終わりの日を迎えて、自分も大切な一員だったんだなと気づかされました。




卒業式ではレミオロメンの3月9日が歌われるそうです。
瞳を閉じればあなたがまぶたのうらにいることで…

今は感傷的な気持ちに素直に従って、桜咲く季節を
勇気をもって迎えたいと思います。


f:id:akiee:20180309104012j:plain

とても、いい香りがします