kiee piano blog

40代ピアノ愛好家の自作曲紹介、音楽ネタ。それ以外も。

単発のお料理記事です。夕食と同時仕込みで毎日続けるお弁当。

うちには、毎日、お弁当を持っていかなければならない中学生がいます。

Jr.は冷凍食品を嫌うくせ者で、私は毎日、オール手作りをしなければなりません。
(なんて、はてなブログではお料理上手な方が多いので、普通のことと言われてしまうかもしれませんね。)

しかし、私は時間にルーズで、どうしてもギリギリまで寝てしまうタイプ。
起きてもすぐにはモチベーションがあがらない。

なので、朝に何もかもするのは無理。
弁当以外にも、洗濯やらなんやらあるし、自分だって身支度しなきゃならないし…。←当たり前とわかっちゃいます。

作りおきなんても注目されていますが、私は三度のめし以外に台所に立ちたくない。
他にやらなきゃならない家事もある。お仕事対策もある。コーヒー飲んでロッテのチョコパイを食べる時間も確保したい。何より、時間が空いたならピアノを弾いて過ごしたい。

そんな、当たり前のことに、いちいち負担感を抱き、趣味に没頭する私が手作り弁当を続けられる理由は、夕飯の支度の時にお弁当のおかずを同時に仕込んでいるからです。

夕食がハンバーグならミニハンバーグをついでに作り、一緒に焼いてから冷凍。二回分くらいの作りおき。

かたまり肉を使う時は、少し切り分けて、晩のおかずを煮たり焼いたりしている間に、パン粉をつけてカツにして数日分冷凍。使う日の朝に揚げる。

マグロの柵から刺身をするときも、少し切り分けて、竜田上げを仕込んでおき、翌朝に揚げる。

ブリの煮付けをする日は調理する前に少し切り分けて塩をふって翌朝焼く。

鶏団子スープを作る時には、その横で揚げ団子を作って冷凍ストック。お弁当には、それを甘いケチャップ煮にしていれる。○○○のミートボール風。

副菜も、煮物を多めに作って、取り分けておかずカップにいくつかとってすぐに冷凍。

こんな具合に、夕食と仕込みを連動させて、作りおきの為の特別な時間を作らないようにしています。
大事なのでもう一度。とくべつなじかんをつくらない。
多少、夕食後まで仕込みが残ってしまうこともありますが、延長ならモチベーションが保てます。

お気に入りお弁当おかずは揚げ餃子なのですが、これも夕食の時に焼き餃子を作る横で、蒸し餃子を調理。タネにニンニクはいれません。
蒸しあがったら、すぐに冷凍して、お弁当には揚げ餃子や焼き餃子などにして使います。

シューマイも人気メニュー。これは、夕食のときにも食べるので、50個位作ります。


f:id:akiee:20170923160826j:plain


蒸してから、数個取り分け冷凍。おかずカップに入れて蒸すとそのままラップできて楽です。(たまった肉汁はこぼします)
お弁当には、それを揚げたり、再度蒸したりして入れます。

ちなみにシューマイを作ると、美味しいお肉のエキスがポタポタと、張ったお水に落ちるので、それに水を足し、がらスープの素を足し、春雨などを入れて中華スープを作ります。ついでの一品ができて一石二鳥です。

もちろん、同時仕込みができない日もあるし、作りおきだけでは埋まらなかったりもするので、ささっとできるものは朝に作ります。
夕食でカットした野菜を取り分けておけば、翌朝、別の品にアレンジして手間なく副菜を作ることもできます。

作りおきと、作りたてで、パターンを色々にして、飽きないようにと思ってます。
毎日、帰宅早々、おいしかったー!と言ってくれるので上手くいってるんだろうと自分を励ましてます。

懇談会で集まると、お弁当大変ですよね~という話題になって、どこのおうちも苦心しているんだなぁと感じます。
朝から揚げ物は大変じゃない?と言われたりもしますが、16センチ位の小さな鍋ですると楽なんですよ~。毎回濾して保管もその鍋でしておけば、すぐに始められます。
むかーし、新聞で小鍋でお弁当揚げ物という記事を読んでから活用してます。
なんてことは、はてなブロガーさんなら、当たり前の知識かな。

そうそう、万能蒸し器もあると便利ですよ♪
f:id:akiee:20170923161151j:plain
うちは、トウモロコシやサツマイモをふかす時にも使っています。


以上、私には珍しいお料理記事でした。