kiee piano blog

40代ピアノ愛好家の自作曲紹介、音楽ネタ。それ以外も。

今度の台風

また、台風が近づいて来ています。

このあいだの異例のコースを取った台風の時は、こちらの市町村近辺では滅多に出されることがない避難準備情報や避難指示が発令された。

私の家は、山も川も近くになく、低い場所でもないので、自宅にいたが、市外にある私の実家、夫の実家は川が近く、平地にあるので、心配で電話した。

どっちの親も、どうかしらねぇ、まぁ危なくなったら逃げるわという反応。
特に、義父がかたくな。
普段は主張することがほとんどないのに、ここは大丈夫の意思を曲げない。
ここらは氾濫したことがないからと言う。いつも、溢れるのは、川がカーブしている下流の地区だからと言う。
"今まで"は通じないと言ってもきかない。
迎えに行くから、うちで一晩過ごしてと言ってもきかない。
危なくなったら、隣りに逃げる。
隣りだって、二階建ての普通の家なのにそんなこと言う。ちょっと立派なだけだ。
夫も危なくなってからじゃ、こっちだって、迎えにいけないからと加勢してくれたがきかない。

とりあえず、いつでも避難できる支度をして、隣りではなく避難所か高台に向かうつもりでいるように伝えて電話は切った。
夫は、雨がこのまま酷くなるようなら動けるうちに、強引にでも迎えに行って連れてくる心づもりをしていた。

雨は酷くならずに、晩には避難指示が解除された。
事なきを得たが、ほら、だからここら辺は大丈夫でしょと確信を深めないでほしい。

翌日、義母から電話がきて、昨日はごめんなさいねと言われ、私は、いえいえ、諦めずにまた電話しますからと伝えた。前例は関係ないですからと。


今回の台風はどうだろう。

こちらも巻き込まれるほどの事態になれば、迎えには行けない。



今日明日の部活は昨日のうちに休みの連絡がきた。
でも、体育祭の準備の有無連絡は来ない。
関わるのは各チーム数名の生徒で学校が無理させてまで登校させるとはおもわないけど、リーダーから連絡がないからと行く支度をしている。

そのうちに雨が降ってきた。風もビュービューいってる。
どう考えてもないでしょ?と言っても、う~んと唸っている。

もう出る時間がせまる。うちより遠い子はもう出ちゃってるかもしれない。
学校に電話して聞くよ!と言うと、やめてと言わずいいよしてもと言った。

電話をすると、今日は台風が近づいているので中止になってますとの回答だった。やっぱりそうか。

子供がその旨をリーダーに伝えると知らなかったようで、そこから連絡が取り急ぎ回ったようだ。遠い子は先にしてなんとか間に合ったらしい。

こういうとき、やっぱり、待っているだけでは駄目なんだと思う。
緊急事態には、日頃の決まりやら、手順やらを飛び越えるのもありなんだよと伝えると、うんわかったぁとふわりと返された。


さて、とりあえず、実家に電話を入れよう。
ニュースでも空振りを恐れずに早めの避難と言っていた。
一日の多くをテレビをみて過ごす義父ならわかってはいるはずなんだけどな。


f:id:akiee:20180808150934j:plain


午後、風は相変わらず強いが雨は一時的で、青空ものぞく。ピークはまだのようだ。
それでも、登校中止は良き判断。
空振りを恐れずにだ。

台風の進路にあたる地域の方々も、早めの準備でお気をつけください。


ひきこもり、卓上パンケーキ。

f:id:akiee:20180808144838j:plain

心なしか、台風にみえる…。