kiee piano blog

40代ピアノ愛好家の自作曲紹介、音楽ネタ。それ以外も。

話題作、素直にみたいと言ってみます。

カメラを止めるな!っていま凄く話題になってますよね。

私も興味あります。
ゾンビとか、相当笑えるとか、
小規模なところからじわじわと話題を集めていったところとか…。

私はあまりサブカルチャーに詳しくなく、それほど長い時間をネット探索に費やさないので、テレビで話題になる位に知ります。それで、興味をもてれば前のめりになったりします。特に笑える!に弱いです。

仮にもブログを書いている身としては怠慢ですかね?
いやいや、ネットとのつきあいも、話題作をどう追うかも、個人の自由なんだと思ってます。
制作側だって、そんな風に話題になってから見たいと思うツウではない人を困ったやつらとは思わないんじゃないだろうか。

そんなわけで、素直にみたいと言った訳ですが、残念ながら、近くではまだ上映してないのですよね。
いつものとこに来てくれたら、いいのにな。
これは家族と行きたいし、最近忙しくしてるから近くがいいな。
なんて言ってるから遠ざかるのでしょうね。

アナ雪、君の名は、のときは、あんなに話題になったのに行こうと思わなかったんですけどね…。
でも、それぞれ、DVDやテレビでみたら、とっても感動して、行けば良かったって思いました。
深い考察とかはできないほうなので、割りに、世間で高評価なものは高評価してしまいます。
あ、でも、TVドラマの場合はそうでもないのですけどね。


さて、ゾンビ!と言えば、以前、友人と子供を連れて、海の近くのレストランへ行ったときのことです。
窓辺の席からトンビが飛んでいるのが見えたので、

"とんび、いっぱいいるね!"と私が言うと、

友人の小学3年生の子供が、

"え!? ゾンビ!!"

と身を乗り出し、どこどこ??とキョロキョロ。そのさまの可愛いこと。ゾンビと信じて疑わないピュアさ。
レストランの外をゾンビが群れをなして歩いているのかと、現実として驚いている。子供の脳内世界って面白いなと思いました。

大人の脳内世界も、現実なんて飛び越えて、自由にどこまでも広げていってしまうものですよね。それを妄想というのかな。いや、空想かな?

それを、脚本にしたり、映画にしたり、何らかの目に見える形にできる事って凄いと思うし、それで大勢の人をを楽しませるなんて誰でもできることじゃない。ヒトの頭から出てきた世界なんだと思うと、あーなんて、スケールが大きい脳内世界と感嘆してしまう。

そしてそれを、ネタバレを巧みに避けて、自分の好きに追いたいです。



f:id:akiee:20180806021450j:plain
この画像にゾンビはいません。