kiee piano blog

40代ピアノ愛好家の自作曲紹介、音楽ネタ。それ以外も。

しばらくぶりの英会話

久々に走りました~。
朝、涼しくなってきたのですよ。

以前、患っていた股関節痛がまた発現しつつあったので、ちょこっとランニング復活です。
筋肉を少しずつでも増やすのが目標です。

芝の緑と、川のきらめきとせせらぎ、癒されます、ほんと。
スマホはもって走らないので、そのフォトはないですけどね…。

なので、イメージ曲です。前にも記事にしたことはありますが、聴ける環境でご興味あるかたはどうぞ。

"Forest Sunlight" 森のこもれび with link for my original score


これを撮るときに、部屋の電気をつけるの忘れてます。



さてさて、これは本題ではありません。

先日、しばらくぶりにサンリオピューロランドに行きました。東京都の多摩市にあります。

f:id:akiee:20180818110004j:plain

子供が小さいころジュエルペットというアニメが好きでわりと行ったのですけどね。
目的は、カードキャプターさくらのコラボグッズを手にいれるためです。

f:id:akiee:20180818111518j:plain

はい、アニオタなんでね。
でも、テレビとYouTubeばかりしてるわけではないですよ~。自主学習もしてますからね~、頑張った自分へのご褒美なんですね。



さて、おやつ時、ちょっと座ってドリンクでも飲もうってことで、施設内のセルフ式のカフェに行ったときのことです。
店内は満席。終わりそうなテーブル席の近くでスタンバイして、立ち上がったところに、いいですか~?と言いながら滑り込むテーマパークのフードコートあるあるをしなければならない状況です。

これ、苦手なんですよね。
あんまり近くにいて圧をかけるのが気が引けて、遠巻きに目をつけるのですが、よし空いたと思うと、ガッツのある人に先を越されてしまうのです。

そんなふうに、あーあダメだったと落胆している人たちが私達の他にもいました。
外国人3人組です。白人の方々なので、一目でそうとわかりました。お髭をはやしたぽっちゃりめの中年男性一人とおきれいな女性二人。そのうち一人は可愛いコスプレをしています。サンリオ愛を感じます。
日本式のこの滑り込み席取りシステムができない様子。気の毒になぁ、先に食べ物も買っちゃってるよ。

その方たちを遠目に気にしつつ、私達の近くの席が空きました。
座れる。いや、私達ドリンクを注文するだけだし、あの外国人の方たちに譲ろうと思い立ちました。
席を取られないように、子供を立たせておいて、ちょっと話しかけにいってみるねと外国人の方々のところへ向かいます。

エクスキューズミー

あちらの席に良かったら座りませんか?
(英文間違ってるかもしれないので書けません)

と英語で話かけると、

アリガトウといって、とても喜んでおられました。

席にいる子供に譲ったよと伝え、われわれはハブアナイスディ!と言い残し、爽やかに立ち去ったのでした。
この最後の一言がシチュエーション的にあってるか判りません 。
しかし、これは、昔、オーストラリアに旅行に行ったときに、宿泊ホテル内で、外国人宿泊客と出掛けにすれ違うときに、何度かかけられたフレーズです。
ハブアナイスディは、ズームイン朝のウィッキーさんくらいかと思ってたといったら大袈裟ですけど、こんな風にさりげなく使うのねとインプットされたのでした。

~しませんか?もWould you ~? を使いました。
これも、むかーし、ホームステイでイギリスに行ったときに、丁寧語を使いなさい!と仕込まれたので、それ以来、とにかく丁寧を心がけています。

中途半端な英語力なんですがね。
ちょっと手助けするくらいは、まだできます。
嬉しかったなぁ。私も。


f:id:akiee:20180818102826j:plain

これが立ち去ったあとに頼んだドリンク。
シナモロールのブルーソーダ